2010年03月20日

将棋 羽生が猛攻、終盤へ 王将戦第6局(毎日新聞)

 神奈川県秦野市の元湯陣屋で16日に始まった羽生善治王将(39)と挑戦者・久保利明棋王(34)の第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第6局は午後6時、羽生が35手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は羽生3時間、久保4時間40分。17日午前9時、再開する。

【ライブ中継】第6局は中飛車から急戦へ

 久保の3勝2敗で迎えた本局は、超急戦になった。羽生はあまり時間を使わず、久保が長考を繰り返したため、両者の消費時間には大きな差がついた。

 昼食休憩のあと、羽生は3三角と打ち、すぐに切った。続いて6六香〜8二銀と激しく攻める。久保は2七角と攻防に利かせ、香を打って急所にある先手の桂を払った。

 指し掛けの局面はすでに終盤戦といえるが、まだ実戦例がある。このあと、どちらが「新手」を放って主導権を握るのか。解説の滝誠一郎七段は「虚々実々の応酬で、両対局者の意気込みが伝わってきます」と語った。【山村英樹】

 ◇17日に大盤解説会

 王将戦第6局の大盤解説会は17日午後5時から東京・将棋会館で。丸山忠久九段と本田小百合女流二段が解説する。一般2000円。

【関連ニュース】
【第5局棋譜】羽生王将が飛車取り放置のマジックで逆転
【第5局解説】最終盤まで難解な戦い 畠山成幸七段と振り返る
【第4局棋譜】久保勝利で王将位にリーチ
【第4局解説】久保が初の王将位へあと1勝 安用寺孝功六段と振り返る
【名人戦】三浦八段が初の挑戦者 順位戦A級

「東北電力」名乗る不審電話 月平均120件(河北新報)
信長のまち二分 滋賀・安土町リコール町議選で合併反対派が過半数(産経新聞)
秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問(産経新聞)
<震災障害者>報告書案 首都直下地震での課題として明記(毎日新聞)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
posted by ウエダ イサム at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第5回公判が11日午前10時から、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれる。今回は被害者や警察官、計5人の証人尋問が終日行われる。

 午前中には、警察官1人と被害者1人が出廷。午後は警察官1人と被害者2人の証人尋問が行われる。また、尋問と前後して、5人の証人に関連した供述調書など、検察側提出の証拠の取り調べもある。

 公判では、目撃者や被害者、遺族、鑑定医など計42人の証人尋問が予定されており、これまで目撃者2人と被害者2人が証言台に立った。

 加藤被告は初公判で事件の事実関係を認めたが、弁護側は責任能力を争う姿勢を示した。しかし、冒頭陳述では、どのような手法で責任能力を争うかについては明らかにしなかった。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせた、などとしている。

【関連記事】
(1)「友達の口から血が流れ…」暴走トラックにはねられた女性、証言台へ 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
証人として被害者2人出廷へ 秋葉原無差別殺傷 第4回公判
証拠不同意 弁護側の姿勢に疑問の声 秋葉原無差別殺傷
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
証人を遮蔽、けがの状況生々しく 秋葉原殺傷第3回公判
20年後、日本はありますか?

長谷川等伯展 入場者10万人を突破…東京国立博物館(毎日新聞)
自民編成予算にメス 5月に各省版仕分け 刷新会議(産経新聞)
景気動向を注視=平野官房長官(時事通信)
<国内無国籍者>在留資格なし280人 国の調査急務(毎日新聞)
写真が語る 空襲の恐怖 大阪で特別展(産経新聞)
posted by ウエダ イサム at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

「首相は劉邦」と前原国交相 (産経新聞)

 前原誠司国土交通省は12日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の指導力を問われ、中国・秦時代の武将、劉邦の名を挙げ「首相は人の話を聞いて、まとめていく『劉邦タイプ』だ。その意味ではリーダーシップがないとは思わない」と語った。

 劉邦は項羽と覇権を争い、序盤は負け続けたが最終的に勝ち、初代皇帝・高祖となった。内閣支持率下落が続いているが、いずれ盛り返すと言いたかったようだ。

 また前原氏は、圧倒的な優勢を生かせず劉邦に敗れた項羽に言及し、「(首相は)自分でまず目標を掲げて突っ走る項羽タイプではない」と指摘した。では前原氏が思い描く項羽とは一体誰なのか。

【関連記事】
普天間移設 前原国交相「首相は本気」 
前原氏まるで他人事…小沢氏&トヨタに苦言で評論家気取り!?
予算委遅刻の前原、仙谷、原口3閣僚平謝り 官房長官「猛省を促す」
民主・小林議員、辞職必至も補選にらみ“牛歩戦術”か
国交省審議会の“自民寄り”委員を更迭 後任には「親民主」がズラリ
20年後、日本はありますか?

築地市場移転、都「予定地の汚染除去できる」(読売新聞)
阿久根市長は議会に出席を…市民団体要請(読売新聞)
<工場火災>東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし(毎日新聞)
<岡田外相>「沖縄の人を欺く結果に」密約問題で答弁(毎日新聞)
<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
posted by ウエダ イサム at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。