2010年03月16日

「首相は劉邦」と前原国交相 (産経新聞)

 前原誠司国土交通省は12日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の指導力を問われ、中国・秦時代の武将、劉邦の名を挙げ「首相は人の話を聞いて、まとめていく『劉邦タイプ』だ。その意味ではリーダーシップがないとは思わない」と語った。

 劉邦は項羽と覇権を争い、序盤は負け続けたが最終的に勝ち、初代皇帝・高祖となった。内閣支持率下落が続いているが、いずれ盛り返すと言いたかったようだ。

 また前原氏は、圧倒的な優勢を生かせず劉邦に敗れた項羽に言及し、「(首相は)自分でまず目標を掲げて突っ走る項羽タイプではない」と指摘した。では前原氏が思い描く項羽とは一体誰なのか。

【関連記事】
普天間移設 前原国交相「首相は本気」 
前原氏まるで他人事…小沢氏&トヨタに苦言で評論家気取り!?
予算委遅刻の前原、仙谷、原口3閣僚平謝り 官房長官「猛省を促す」
民主・小林議員、辞職必至も補選にらみ“牛歩戦術”か
国交省審議会の“自民寄り”委員を更迭 後任には「親民主」がズラリ
20年後、日本はありますか?

築地市場移転、都「予定地の汚染除去できる」(読売新聞)
阿久根市長は議会に出席を…市民団体要請(読売新聞)
<工場火災>東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし(毎日新聞)
<岡田外相>「沖縄の人を欺く結果に」密約問題で答弁(毎日新聞)
<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
posted by ウエダ イサム at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。